D-SNAPのデザインは良かった

携帯ミュージックプレーヤーは今ではi-podとウォークマンの2つしかない

けれど、以前は、パナソニックもD-SNAPを送り出し、SD-Jukeboxという

ソフトを使って参入していました。

D-SNAPは1枚のSDに999曲まで、プレイリストは99までしか

作成できないなど、とにかく使い勝手がよくないこともあって、

i-podのスゴさにとても及ばずあえなく製造中止。

でもD-SNAPはデザインがよかった。

”ミッフィーのような単色の色使い”、”カクカクしたデザイン”。

デザインが好きで、未だに手放さずに持っています。

そして、SDカードには好きな曲が沢山入っていてどうしようかと

思っていた矢先のこと。

パナソニックのD-DOCK(SC-HC40)は、SDカードもi-podも再生

できると知って、大手家電量販店に走り新品税込み22,000円で購入しました。

SDカードに999曲、i-podに現在2,116曲。i-pod-DOCKとしては、

値段から考えれば、気にいっています。

D-SNAPは消滅しても、D-DOCKでパナソニックのSDオーディオの火が

消えていないんだなあと思いつつ、ときおり、使わなくなったグッドデザイン

のD-SNAPを見つめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top