ジャケットナンバー1

角松敏生/ON THE CITY SHORE

よく顔をださせていただいているCDショップのオヤジさん(失礼!)が、

興奮気味にこういいます。

「AORのもつスムース&メロウな世界観を見事に表現し、

ジャケットの素晴らしさで選べば、洋楽を含めてもこれが最高の1枚です。」

1.OFF SHORE

2.SUMMER EMOTIONS

3.RYOKO!!

4.BEACH’S WINDOW

5.TAKE YOU TO THE SKY HIGH

6.TAKE ME FAR AWAY

7.ANKLET

8.DREAMIN’ WALKIN’

9.LET ME SAY…

10.SAY…GOOD NIGHT

オヤジさんの気迫にも押され、購入させていただきました。

しかし、確かにジャケットの絵はいい。

木陰でエメラルドグリーンの海を見つめる一人の女性に

フォーカスし、背景の海をぼかしている写真。

日本人かアジア系の女性らしい。健康的な小麦色の肌が美しい。

顔が見えないのも想像をかき立てられますね。

日本だけで確立されたAORというジャンル。まさにこのジャケットに合う

音楽といいかえられるほどの見事さです。

曲も山下達郎を凌ぐであろう清潔感、清涼感がいっぱいの

見事なものばかり。(角松敏生本人もかっこいい)

ぜひこの1枚は永久保存したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top