ゴキゲンなU S New Jazz Infusion

「ギターやサックスなど心地いい音色のスムースジャズを聴きたいけど、

何かいいコンピレーションアルバムはないだろうか?」

City Streetsをドライブしながらきくのに最適なアルバムは?とでもいうべきでしょうか。

こういうときに思い浮かぶ中の1つに下の2枚があります。

実際私はドライブの際はこの2枚によくお世話になっています。

これほど耳に聴き心地のいい曲ばかりが選曲されたJazzコンピレーションは貴重だと思いますね。

Jazz Infusion session 1 – A U S Smooth Jazz Compilation (2010)

1.Better Days – The James Colah Project

2.That’s The Way It Goes – Marcus Anderson

3.Always High Reaching – Everett B Walters

4.Let’s Fly – Zoe’

5.Craig’s Destiny – Vision Jazz

6.Rising Tide – After 5 Jazz Ensemble

7.Freeway – Deon Yates

8.Waiting For Her – The Uptown Band

9.Daybreak – GTF

10.The Dream – Elizabeth Geyer

Jazz Infusion session 2 – A U S New Jazz Compilation (2011)

1.What Is Hip?-Tony Adamo

2.The Wings Of Time-Butch Thomas

3.Since N’Dice-Anthony James Baker

4.Dream Life-Fingerprints

5.The Pier At Breezes-Bernard Rose

6.Pan Funk-Bickley Rivera

7.Seaside-Eric Evans

8.I Barely Know You-Baby Wells

9.We Can Make A Good Thing-J Grooves

10.Marriage-SounDoctrine

11.Sway Back-Phil Denny

12.Winter Evening-River’s Edge

13.Wayne’s Vineyard-Gray Matters

14.Take A Ride(Come On Baby)-Joel Gaines

15.It Is What It Is-Vincent Ingala

16.House Party-Mark Mosley

17.I long For Your Love-Paula Atherton

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top