「宇治よりも、奈良よりも、美しい月」

それが宇奈月温泉の名前の由来です。人懐っこい笑顔でそう話してくれたのが、

GREEN HOTEL 喜泉(KISEN)の館長さん。

今回、お世話になった宿です。1泊2食 14,000円でした。

ここの宿を選んだのは理由があります。

値段がリーズナブルだけでなく、無料オプションで

館長さんのガイド付き「朝のさわやか散歩ツアー」が用意されているから。

黒部峡谷の雄大な景色を眺めながら、適度にハイキングしたかったので、 続きを読む

平成26年7月20日午後、舞鶴若狭自動車道が全線開通しました。

ということで、足をのばして、天橋立までいくことに。

宿は安くて、与謝野町という気になる名前が目にとまり、

「かや山の家」を予約。1泊2食 6,100円。

宿に電話して与謝野町の名前のことについてきくと、こう答えてくれました。

「与謝野町は平成18年3月、加悦町・岩滝町・野田川町が合併し誕生した町です。

名前は、歌人与謝野晶子の夫である与謝野鉄幹の父の出身地ということからです。」

開通したばかりの高速道はとても走りやすく、あっという間に丹後の国に。 続きを読む

千葉には、お湯の色が黒い温泉があると聞き、いってみました。

せっかく千葉にいくので、鋸山にある日本一の岩の大仏様も訪れることに。

青堀温泉へは東京からJRで簡単にいけて、青堀駅でも特に温泉街の雰囲気

は皆無なので、少々不安になりました。

お目当ての宿の外観はとてもさびれたもの。営業しているのか?と疑いたくもなりました。

しかしあくまで目的は温泉なので、宿の状態は特に気にしないことに。

ただ、料金の格安さから考えれば、むしろいいかもしれない。

1泊2食 5,575円 夕食はカレーライス、トンカツ、刺身でした。 続きを読む

2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」の放映が終わりました。

ドラマは会津藩、東北福島県が舞台で、時代は幕末の動乱期。

まさに徳川幕府が大政奉還をして、明治新政府へと日本が大変革するとき。

近世の史実に疎い私は、ドラマで初めて知ったことがいくつもありました。

主人公の八重が、同志社大学の創立者新島襄の妻であるということや

京都守護職であった会津藩が新政府軍と戦うことになった経緯など、興味深くみていました。

もともと、龍馬伝でも描かれた坂本龍馬さんの生き方にとても尊敬の念をもっていたので、

よし、京都にいこう、と決めました。 続きを読む

つい最近、ipad air ( Wi-Fi 32GB)を購入したのはいいものの、

手先が冷え症の私としては、寒い部屋や外出先で指先が

かじかんで困っていました。

そこで、ネットで指先がカットされているいい手袋はないか探していたら、

次の手袋が目にとまりました。

・上質シルクハンドウォーマーMAX2(和歌山製  シルク90%、ナイロン10%)

自宅に届いたそのハンドウォーマーの第一印象は、少し薄いが、光沢はいい。

手に装着してみると、私のイメージどおり、 続きを読む

”石山の 石より白し 秋の風”

那谷寺を参拝された芭蕉が、奥の細道の記に残した名句だそうです。

冬の足音がもう聞こえてきているなか、先週末秋の風景を求めて

白山信仰の寺那谷寺にいってみました。

さすがにシーズン中とあって、晴れの日曜は朝から駐車する

スペースがないぐらい賑わっていました。

境内に入ると、すぐに色鮮やかな青苔や木々の紅葉に目を奪われてしまいました。

奇岩や山腹にお堂がいくつも建っている佇まいも風情があります。

奇岩のなかに木々の紅葉が混ざりあう姿を、しばらく放心状態で見入る。

那谷寺の自然は本当に美しくて、やさしかった。 続きを読む

一度はいってみたかった。世界遺産知床。

いずれは行こうと思っていたが、いざ行くとなるとなかなか行動できない。

今回はトワイライトエクスプレスの切符がとれたので、これはもう行くしかない。

時計を気にすることなく、寝そべりながら車窓を楽しめる旅は寝台列車の醍醐味。

旅の行程をザクっといえば、札幌-層雲峡-知床-阿寒湖-札幌と、

東北海道へいくルートを選択。宿泊は、

・トワイライト

・2泊目 層雲閣グランドホテル 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7