LINDA RONSTADTの名盤

  • AOR

70年代に女性シンガーで思い浮かぶのは、

カーラ・ボノフとリンダ・ロンシュタット、

ニコレット・ラーソン(残念ながら97年末に脳腫瘍で他界)。

お互いに刺激しあいながら輝いていたころの名盤LPがこれです。

また、リンダ・ロンシュタットのバックバンドが独立してイーグルスに

なったという事実は、改めて彼女のスゴさを思い知ります。

カーラボノフもバックコーラスに加わっていて、このアルバムは大切に

保管しているファンが多いのではないでしょうか。

曲は今聴いても全く古い印象は受けません。それどこらか、最近こんな

カントリー調でメロディアスで、AORでもあるこんなアルバムが見あたらない

のが私の印象です。永年保存版にしたい、そう思えるアルバムの1つです。

※某店でもこのLPが上段に誇らしく飾られていますよ。

LINDA RONSTADT / Hasten Down The Wind  風にさらわれた恋

1.Lose Again 3:38
2.The Tattler 3:58
3.If He’s Ever Near 3:17
4.That’ll Be The Day 2:33
5.Lo Siento Mi Vida 3:56
6.Hasten Down The Wind 2:43
7.Rivers Of Babylon 0:54
8.Give One Heart 4:08
9.Try Me Again 3:57
10.Crazy 4:00
11.Down So Low 4:17
12.Someone To Lay Down Beside Me 4:29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top