THE HURTING PART-RUPERT HOLMES

ルパート・ホームズといえば、ボビー・コールドウェル、ボズ・スキャッグスなど

と並んでAORレジェンズの1人。言わずと知れた代表作は、彼の代名詞ともいえる

「エスケイプ」、「ヒム」の2曲が収録された最高傑作「パートナーズ・イン・クライム」。

私の中ではルパート・ホームズの上の2曲と同じくらい記憶にあるアルバムの中の1曲があります。

1994年にリリースされたSCENARIO[シナリオ]、とりわけ当時レコードショップでも流されていた

そのアルバムの中のバラード曲”THE HURTING PART”です。

レコード会社でも、その曲だけを販促用として1枚のCDにしていたほどです。

ふと懐かしくなってききなおしてみました。すると、普通のメロディのバラードながら、

音が心にしみ入るような不思議な感覚、心地いい嬉しい感覚にとらわれます。

ルパート・ホームズの優しいヴォーカル、あるいは歌に込められた彼の思いがそうさせているのでしょうか。

ルパート・ホームズ自身が語ったライナー書きに次のような言葉があります。

「・・・人生はフィクションより素晴らしいドラマです。そして、そのシーンの中にいる主役はあなた自身です。

あなたがそれを思いだし、想像し、あなたのキャンバスに思い描くとき、私の音のシナリオがそれを助ける力

となれば幸いです」と。改めてAORって素晴らしいな~と感じ入りました。

Bose MIE2i mobile headset

“THE HURTING PART-RUPERT HOLMES” への1件のコメント

  1. Lucy より:

    Wow! Great to find a post with such a clear messgae!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top