JOYCE COOLINGにうっとり

以下2点のJazzアルバムをきいてみた。

・Joyce Coolingのジャズギターは、女性らしい優しい音色が素敵です。

その艶やかなヴォーカルも何曲かで披露していますが、声もチャーミングでいいですね。

Little Sisterでのヴォーカルとギターは大人の包容力ある女性の魅力を感じずにいられません。

ドライブのおともに聴くもよし、独りじっくりと耳を傾けるもよし。私の場合は後者です。

心落ち着かせたいときに聴くのもいいかもしれません。

Joyce Cooling-Revolving Door

1.Mildred’s Attraction/2.Cool Of The Night/3.Revolving Door/4.At The Modern

5.I’ll Always Love You (Ode To The Audience)/6.Come And Get It

7.Little Sister/8.In Case Of Rain/9.Jesse’s Bench/10.One Again

・Torcuato Marianoのジャズギターも優しい音色で聴く人を魅了します。

全曲歌詞なしのインストゥルメンタルですが、フュージョンのテイストなのでリズムが

よくてついつい聴き入ってしまいます。このアルバムはタイトルからしても

見知らぬ土地に旅行したときのイメージに曲も合っているような気がします。

ドライブによる旅つながりで、例えば勝手な連想ですが、カーグラフィックTVのナレーションBGMにも

合うような曲だと感じましたね。

Torcuato Mariano -So Far From Home

1.So Far From Home/2.New World/3.Back To The Road/4.Brittish Time/

5.Tell Me Your Dreams/6.DF/7.Ipanema Sunset/8.Midnight Words/

9.Blues Day/10.Magic House

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top