Groove感たっぷり Jay Soto

「とてもスムースなギターサウンドで心地いいサウンドとメロディを聴きたい。」

そういう思いから聴いているのが、Jay Sotoです。

彼はギターリストなので、基本的にヴォーカル入りの曲はありません。

それでも聴いていると、なんというのでしょうか、

まるで歌を歌うようにギターを奏でているようにきこえます。

しかも、一音一音をはっきりと正確に弾いているので、

音がとてもクリアでシャープな印象です。

とても聴きやすくて、個人的にこういうアコースティックなサウンドは好みです。

また、イギリスレーベルのJazzfmにもときおり登場していることからもJay Sotoの評価が

いかに高いかを裏付けていると思います。

この人のアルバムは3枚持っていますが、すべて1曲目から

Jay Sotoならではのシャープでスムースなギターサウンドが最後まで続きます。

思わずいいね!とうなづいてしまう人も少なくないのではないでしょうか。

Jay Soto -Long Time Coming

[Tracks]

1.Live It Up/2.Caught In A Moment/3.Long Time Coming/4.Song For Mary-Cruz

5.Reflections/6.Never Let You Go/7.Remember The Night/8.Miss My Cabana

9.Closer To You/10.Black Orpheus

[Credits]

Michael Lington-Saxophone on”Live It Up”and”Remember The Night”

Jesse Mcguire-Trumpet on “Reflections”and”Let’s Get Closer”

Fred Sanchez-Bass on “Black Orpheus”

Bryne Donaldson-Saxophone on “Long Time Coming”

Rea Herrea-Background vocals on “Reflections”

Angelo Petrucci-Vocal riffs on “Miss My Cabana”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top