BARAKA LIVEを見てきた

BARAKA

はっきりいって、LIVEをきくまでは名前すら知らなかった。

ドラム、ベース、ギターのトリオ。プログレを高見一生のギターを

中心にプレイ。彼らはヨーロッパでも活躍の場を広げていて、徐々に

その実力を認められている。

LIVEではギターはもちろんだが、依知川伸一(B,Vo)、平石

正樹(Dsベース)が、それぞれ1つの方向に、まるで螺旋のように

3人がからまって突き進む。

ときに、荒々しく、ときに語りかけるように。

語らいかけるようなスローなテンポのときほど、

ギターが生きてきて、聞いている者をプログレの扉の奥へ誘う。

LIVEが終わったあと、メンバーと一部ファンとの懇親会があり参加。

高見さんは普段JAZZを聞くらしく、こんなことをいう。

「David Liebmanはヤバイ」

David_liebman_trio

プログレとJAZZ。相性はいいらしい。

コテコテのジャズらしいが、早速買うことにした。

ちなみに、7月31日 吉祥寺 SILVER ELEPHANT

金沢から「ロック四十肩」2人組が参加。スティックという12弦楽器を駆使する

異色のプログレバンドも演奏する。

ぜひ見にいきたい。

Baraka01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top