湯布院BAR「STIR」を訪ねてみた

湯布院にいったときのことだ。

岩本賢二さんのカクテルが飲みたくてBAR「STIR」(TEL0977-85-3935)

を訪ねたが、あいにく当日はお休み。残念だったときのこと。

もともとは、金沢市木倉町にアイリッシュBARをかまえる

「マクリハニッシュ」のマスターから紹介を受けた。

お休みということで落胆してるときのその夜。ぼくが泊まっている宿に

U字型に髭をたずさえた中年の人がたずねてきた。

「岩本賢二と申します。よかったらこれをお持ち帰りください。」

有名な宿で知られる玉の湯の柚子こしょうを手渡された。

驚くと同時に、その心配りの繊細さにバーテンダー岩本賢二氏の作る

カクテルにより一層興味がわいた。

あとで聞くと、岩本さんは以前玉の湯の中のBARでもご活躍していたそうだ。

次の日のこと、

ぶらぶら通りを歩いていると、聞き覚えがある名前のお酒が

置いてある酒屋の前で立ち止まった。

”中谷宇吉郎”

「雪は天から送られた手紙である」

という言葉で知られる雪氷学の基礎を築いた

石川県加賀市出身の物理学者だ。

地元の観光ガイドの人がいう。

「湯布院と石川県とは、宇吉郎を通じて実は深いご縁があるのです。」

どうも今日の湯布院の元をひらいたのは中谷宇吉郎らしい。

だが、それよりもお酒が気になる。

その名も純米大吟醸「宇吉郎」。

石川では売られていないというので、即2本ご購入となった。

これもいい旅のおみやげだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top