Toshiki Kadomatsuのアルバムではときおり、彼のオススメの曲をセレクトした

コンピレーションがリリースされています。その中の1枚が次です。

T’S CAFE  角松敏生 presents Tappan Zee Best Collection

ボブ・ジェームスが設立したレーベルがタッパンジーですが、

角松お気に入りのボブ・ジェームスの曲をセレクトしたものです。

ボブ・ジェームスはジャズ・フュージョン界では必ずといっていいほど登場してくる

代表的な人らしいですが、私の場合はそれほど意識して彼のアルバムを購入したことはありませんでした。

したがって、ボブ・ジェームスの曲をまともに聴いたのは、2002年に角松敏生のこのT’S CAFEが最初です。 続きを読む

邦楽で清涼感のあるAORを聴かせてくれるのが、Toshiki Kadomatsu 角松敏生です。

角松敏生というと、彼の代表的なアルバム[On The City Shore]ジャケットでも

あるように、南国の海と若い女性というイメージで、今もなお印象にあります。

あるCD・DVD店主はこういっています。

「On The City Shoreはジャケットの画だけでみると、邦楽・洋楽を含めて最高の1枚です」

確かに、「南の海」と「若い女」の組み合わせは、AORの持つ世界観にとてもよく調和しています。

洋楽では、King Of AORと称されるボビー・コールドウェルの場合は

「夕陽」と「ヤシの木」といった風です。 続きを読む

角松敏生が残した印象的な3部作。

・Sea Breeze ・Daylight-AOR Collection ・Twilight-R&B Collection

撮影場所はすべて同じように見えますが、

よく見ると背景や手すりや電灯など、異なる点がいくつかあります。

だけど、そんなことよりこの3点の作品は、

角松敏生という人の音楽に対する姿勢がにじみでているところが面白いですね。

西海岸にあるような白い家。日の出から日没。潮風にあたりながら、海をみつめる。

こんなシチュエーションに聴きたい音楽。 続きを読む

ジャケットのギターに目がとまったことと、

ドウェイン・フォードやラリー・リーのジャケットにも

似ていて、ジャケット買いしたものです。

Kadomatsuをカヴァーしているのは、

Chicago、TOTO、Larsen Feiten Band、Airplayほか

の豪華なヴォーカリストたちです。

中身は、小気味いいリズムと爽快なヴォーカルが続き、

ドライブにピッタリはまりますね。 続きを読む

ある日中古CDに目がとまりました。

ジャケットに角松敏生と書いた下着姿の女性。

角松敏生にこんなCDがあったかなと思いながらも

内心は既に購入を決めていました。

そのうち、角松さんがKUDUレーベルからベストと思われるものを

セレクトしたものだとわかりましたが、存在すら知らなかったCDでした。

角松さんの曲もこんな曲から影響を受けたのだろうなと思える

妙に納得するAORなセレクトだと思いましたね。 続きを読む

角松敏生/ON THE CITY SHORE

よく顔をださせていただいているCDショップのオヤジさん(失礼!)が、

興奮気味にこういいます。

「AORのもつスムース&メロウな世界観を見事に表現し、

ジャケットの素晴らしさで選べば、洋楽を含めてもこれが最高の1枚です。」

1.OFF SHORE

2.SUMMER EMOTIONS

3.RYOKO!! 続きを読む