コブラ伝説 レディー

宇宙をかけめぐる一匹狼の海賊コブラの相棒、アーマロイド・レディー。

彼女の正体はジャンプコミックス全18巻の中では明らかにされていないが、

タイム・ドライブ2009.4初版カラー版コミックで語られている。

・レディーは元は人間の女性だった。

・コブラとは恋人同士だった。

・本名エメラルダ・サンボーン。サンボーン公国の王女。

・銃撃戦で瀕死の重傷を負ったエメラルダ姫。助かる方法は1つだった。

・生命金属ライブ・メタルとの同化。精神はそのままで新しい体に再生。

・手術はマゼラン博士が行なった。

・レディーがまだ生身の人間だったとき、首すじに南十字星のようなほくろがあった。

・コーヒーには砂糖が1つ。ミルクはいれない。

・アーマロイドとして宇宙において超一級品の傑作ということ。

・かつて全宇宙において神のごとく君臨し、多くの謎を残して消えていった伝説の火星古代人が

残した設計図によって作られたこと。

・ライブメタルはレーダーにも、あらゆるセンサーにも反応しない極めて特殊な金属であること。

・バラバラになったレディーの体を修復することができるのは、ドゴール星マゼラン研究所のマゼラン博士だけであること。

コブラとレディーは強い絆で結ばれていることは全18巻を通してわかります。

タイム・ドライブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top