青堀温泉にいってみた

千葉には、お湯の色が黒い温泉があると聞き、いってみました。

せっかく千葉にいくので、鋸山にある日本一の岩の大仏様も訪れることに。

青堀温泉へは東京からJRで簡単にいけて、青堀駅でも特に温泉街の雰囲気

は皆無なので、少々不安になりました。

お目当ての宿の外観はとてもさびれたもの。営業しているのか?と疑いたくもなりました。

しかしあくまで目的は温泉なので、宿の状態は特に気にしないことに。

ただ、料金の格安さから考えれば、むしろいいかもしれない。

1泊2食 5,575円 夕食はカレーライス、トンカツ、刺身でした。

食事をすませて温泉に。

6人程度で満員になりそうな、こじんまりした湯船に入ると、確かに透明感はほとんどゼロ。

10cmぐらいの深さで自分の手がみえなくなるくらい黒っぽくにごっていて、匂いは特にしない。

地元の話好きそうな宿のおばさんがいう。「先代が石油を探し当てようと掘ったら、温泉がでたそうです。」

色だけなら、確かに石油の色に似ていると思った。

鋸山はロープウェーで山麓から山頂へいくことができる。

ただそれでも階段はけっこう上がらないといけないので、お年寄りや腰痛持ちの人には

かなりキツい山歩きだと感じました。

それにしても千葉といえば、成田空港とディズニーランドしか思い浮かばなかったのですが、

千葉はそれだけじゃないというところを見せてくれた千葉再発見の旅でした。

[DATA]

・ホテル静養園 TEL 0439-87-1221

千葉県富津市大堀1528 JR内房線青堀駅下車徒歩10分

・千葉鋸山乾坤山日本寺  JR内房線浜金谷駅下車

日本寺管理所 TEL 0470-55-1103

 

“青堀温泉にいってみた” への2件のフィードバック

  1. @RenHuuka より:

    温泉、凄く黒いですね。
    何が黒くさせてるんだろう(*´ω`)

    • nawanoren より:

      そういえば・・リピーターという別の宿泊客の会話の中で、ヨウ素という言葉を聞きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top