ギタリスト 渡辺幹男 観客を魅了

4月13日に新潟でディナーショーのコンサートがあって、帰りがてら翌14日に金沢にお越しに

なった渡辺幹男さん。アコースティックギタリスト渡辺幹男さんにお目にかかるのはこれで2度目。

金沢でもLIVEをしてくれるというので、勇んで会場の音楽店にいってみた。

着席すると会場には11人程度しかいない。

しかし、LIVEがおわってみると、渡辺さんには申し訳ないけれど、1人の客としては

プライベートLIVEのようで贅沢な時間を過ごすことができました。

私が渡辺幹男というギタリストを知ったきっかけは、あるレコード店の店主から薦められ購入した次のアルバムでした。

「マイス・パラ・ラ」というアルバムがそれです。

曲を聴いた瞬間、とにかくスケール感があって、あたかも鳥の目で上空から大地を俯瞰しているような映像が

みえて、衝撃的な感動を覚えました。その感動は今もなお続いていて、生ライヴで目の前で聴けて感動も

さらにひとしおでした。

他のアルバムでは「六区」という渡辺幹男さんの集大成的作品もあって、完全にその魅力にはまりました。

この金沢LIVEにはわざわざ仕事先のアメリカから一時帰国して駆けつけた人もいたのに驚きました。

(その人は残念ながらLIVE前に緊急の仕事のため、せっかくのLIVEを聴けずじまいという

悲惨な事態に見まわれていましたが)

ライヴでは、大震災で被災した三陸鉄道の復旧・復興支援アルバム「ほのぼのボッサ」(1,890円)の紹介がありました。

収益全額を三陸鉄道へ義援金として寄付しているそうです。

渡辺さんの新作ボッサギターも聴けて、義援金にもなるなら、迷わず買わせていただきました。

日本人なら誰しも知っている赤とんぼなど童謡ほか全16曲を、渡辺さん流にアレンジして収録されています。

東京浅草生まれの渡辺さんならではなのかもしれません。

1ファンとして、ギタリスト渡辺幹男さんのこれからのますますのご活躍を願っています。

“ギタリスト 渡辺幹男 観客を魅了” への2件のフィードバック

  1. @RenHuuka より:

    お久しぶりです。
    デザインを改良しました。
    スマートフォンでも綺麗に表示されるように、”レスポンシブデザイン”というのを採用しました。スマートフォンなどの小さなデバイスから閲覧する際、サイドバーなどの配置が自動的に変わったりします。

    あと表示速度を向上させる為、デザインや動きを制御するファイルの読み込み方を変更しました。こちらはあんまり変化が分からないですが、検索エンジンや動作の遅いパソコンに有効です。

  2. nawanoren より:

    スマホ対応に進化したのですね。すばらしい(^^♪。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top