春風のごとく Dan Peek

  • AOR

日本中で厳冬が続いているなか、春が待ちどうしい。

そう思っている人も少なくないはずでは。

1976年にAMERICAを脱退。

1978年、1stアルバム「All Things Are Possible」をリリース。

Dan  Peek

ダン・ピークの温かくやさしい歌声は、

まさに待望の「春風到来」

この表現がぴったり合います。

また、プロデュースをChris Chrischanがてがけ、

バックには、Jay Graydon、Michael Omartianら

LA陣が多数参加しています。

このことで、ウエスト・コーストの風味がきいて、

より彼の清々しい歌声を際立たせているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top