George Bensonを堪能してみた

  • AOR

1976年は、AOR元年とする考えもあるほど、

ボズ・スキャッグス「シルク・ディグリーズ」、

マイケル・フランクス「アート・オブ・ティー」、

ネッド・ドヒニー「ハード・キャンディー」等の代表的な作品が

一斉に生まれています。

この年にはジョージ・ベンソンのワーナー移籍第一弾のアルバム、

2だけがヴォーカルで、あとはインスト曲の「ブリージン」が発表されています。

特に、この2はいつ聴いても耳に馴染みがいい。

George Benson – Breezin’

1. Breezin’

2. This Masquerade

3. Six To Four

4. Affirmation

5. So This Is Love

6. Lady

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top