ダイアナ・クラールを聴いてみた

ダイアナさんは自身ピアノをひき、ヴォーカルもする現役の

ジャズシンガー。しかもとびきりの容姿の美しさ。

(P)&(C) GRP Records Inc 1999

声の上質さといい、あわせてほんとにしびれます。

上質で上品な時間がゆったりと流れているかのようで、食事を

とりながらエーゲ海を豪華客船でクルーズしたくなるよう。

大げさにいえば、生きている実感のようなものがこみあげてきます。

「これを聴けてよかった。」

そう思える1枚。生涯の1枚の1つになりそうです。

1.Let’s Face The Music And Dance 5:18
2.Devil May Care 3:20
3.Let’s Fall In Love 4:19
4.When I Look In Your Eyes 4:32
5.Popsicle Toes 4:28
6.I’ve Got You Under My Skin 6:11
7.I Can’t Give You Anything But Love 2:33
8.I’ll String Along With You 4:46
9.East Of The Sun (And West Of The Moon) 4:57
10.Pick Yourself Up 3:02
11.The Best Thing For You 2:37
12.Do It Again 4:45
13.Why Should I Care 3:46

※「通りすがりのAOR」さんもいろいろ教えてくださりありがとうございます。

私の書いていることは某店主の引用も含まれているため、取材源に

確信がもてないところもありますので(店主失礼!)、またご助言願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top