ゾロ vs たしぎを撮影してみた

愛刀”時雨”の使い手、たしぎの望むことは、ロロノア・ゾロを仕留めること。

そこで、今度はロロノア・ゾロとのバトルをFiguarts ZEROで撮影してみた。

撮影中のこと。ロロノア・ゾロの刀の鞘を触っていたら、脱落。

慌てて接着剤で応急処置。

そうか、特にゾロは3本の刀の鞘があるので、壊れやすい部分だとあとで気づいた。

P.O.P S.Aゾロが届いたら、気をつけなくては。。

 

ワイルドだろう~。

 

 

 

 

 

 

 

“ゾロ vs たしぎを撮影してみた” への2件のフィードバック

  1. mogeko より:

    SAゾロは鞘がそれぞれ独立してて、ちゃんと一本一本腰に収める形をとってますから、接着が落ちるって心配はないですよ。もちろん全部抜刀できますwしかし、バトルバージョンゾロのこのポーズ・・・なんて技だったか・・・?こういうポージングしてるPOPも出るといいですねーw

  2. nawanoren2951 より:

    ZEROシリーズは安価でポージングが楽しめて実用的。POPは高価で観賞用には最適。どちらも持ち味がありますねww。POPでバトルバージョンとかでまくったら、お金いくらあっても足りない!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top