松井秀喜選手と握手してみた

  • MLB

MLBに特別な思い入れがあるのは、小学校にさかのぼります。

当時、野球に憧れをいだいていたこの私は、少年雑誌にのって

いた懸賞に応募しました。

懸賞にMLBドジャースの公式ボールがもらえるという記事をみた

からです。ほどなくして懸賞に見事当選!

ドジャースの硬式ボールが自宅に送られてきました。

小学校の私の手には大きくもあり、でも親しみやすさを感じたものでした。

「いつかメジャー球団で投げたい(勝手に投手を想像していた)」

その夢は叶わなかったけれど、今でもメジャーへの思いだけは

持っています。ドジャース。がんばれ!

ところで、

松井秀喜選手がヤンキース時代、故郷石川県根上町に帰省してときのことです。

偶然松井選手と直接お会いする機会が訪れ、サインをお願いしたところ

握手もしてくれて、快く応じてくれたときは感慨深いものでした。

松井選手の手は意外なほど柔らかかったのが印象に残りました。

これがメジャーの選手・・。松井選手はほんとにいい人だなあと思いました。

松井選手もワイルドカードたのむよ!そしてワールドシリーズへ55!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top